仕掛品勘定とは何か

仕掛品(しかかりひん)勘定は,「品」という言葉が使われていることから何かの「モノ」を記録する勘定のように考えてしまいがちですが,商業簿記では具体的な「モノ」を取り扱わないサービス業でこの勘定が使われます。どうやら「仕掛品=モノ」と考えるのは間違っているようです。それでは,仕掛品勘定とは,一体どのような勘定なのでしょうか。

仕掛品勘定が使われる仕訳

工業簿記の場合(製造業)

工業簿記では,未完成(製造中)の製品について発生した原価を集計するときに仕掛品勘定を使います。

たとえば,ある製品を作るために直接材料費3,000円,直接労務費5,000円,直接経費1,000円,製造間接費7,000円がかかっており,その製品はまだ完成していないとしましょう。この場合,仕訳は次のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品 16,000 材料 3,000
    賃金 5,000
    経費 1,000
    製造間接費 7,000

そして,この仕掛品勘定に集計された金額は,製品が完成したときに製品勘定に振り替えます。上の状態からさらに14,000円原価がかかっていたとすると,製品の製造原価は30,000円(16,000円+14,000円)になりますから,その仕訳は次のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
製品 30,000 仕掛品 30,000

商業簿記の場合(サービス業)

商業簿記では,将来,顧客に対してサービスを提供するための準備活動のなかでかかった費用を集計するときに仕掛品勘定を使います。

たとえば,あるイベントを開催するために,会場の予約に10,000円,装飾を作成するために5,000円,お手伝いを頼んだアルバイトに5,000円支払ったとしましょう。この場合,仕訳は次のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品 20,000 現金(会場) 10,000
    現金(装飾) 5,000
    現金(アルバイト) 5,000

そして,この仕掛品勘定に集計された金額は,顧客に対してサービスを提供したときに役務原価勘定に振り替えます。上の状態からさらに10,000円費用がかかっていたとすると,製品の製造原価は30,000円(20,000円+10,000円)になりますから,その仕訳は次のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
役務原価 30,000 仕掛品 30,000

仕掛品勘定の特徴

これらの仕訳から仕掛品勘定には,次のような特徴があることがわかります。

  • 仕掛品勘定は,特定のもの(製品・サービス)を生み出すために発生した原価や費用を集計しておくための勘定である。
  • 仕掛品勘定に集計された金額は,その特定のもの(製品・サービス)ができあがった時点で全額取り崩される。

これらについて,もう少しくわしく補足しておきましょう。

原価や費用が集計される勘定

まず,原価や費用が集計される という部分です。ここで集計される原価や費用には,材料や装飾のような目に見えるものに対する費用だけでなく,労務費やアルバイト代のような人に働いてもらったときに発生する人件費,経費や会場の予約料金のような各種の費用などさまざまなものがあります。

特定のものにかかった費用をすべて集計するという意味では,研究開発費に性質が似ているといってよいでしょう。しかし,将来,成功するかしないかわからない研究開発費とは違い,仕掛品勘定に集計された金額はほぼ確実に製品やサービスになります。研究開発費と仕掛品とでは,その確実性に違いがあります。

一時的な勘定

次に,製品やサービスができあがった時点で全額取り崩される という部分です。仕掛品勘定は,製品が完成するまで,サービスが提供されるまでの一種の「つなぎ」として使用される勘定なので,製品が完成したり,サービスが提供されたりしたときにその役割を終えて記録も消去されてしまいます。

将来の事業のためのつなぎという意味では,前払金や建設仮勘定に性質が似ていると行ってよいでしょう。しかし,商品や建物などを取得するために支払いを行う前払金や建設仮勘定とは違い,仕掛品勘定は製品やサービスを提供するために支出した金額を集計します。前払金・建設仮勘定と仕掛品とでは,支出の結果が購入につながるのか,販売につながるのかという意味でちがいがあります。

おわりに

この記事では,仕掛品勘定の特徴についてまとめていきました。仕掛品という名前を意識しすぎて「モノ」の金額を表すものだと理解してしまうと,商業簿記(サービス業)で仕掛品勘定が出てきたときに混乱してしまいます。仕掛品勘定は,将来,顧客に対して提供する予定の製品・サービスを生み出すためにかかった原価や費用を集計しておくための一時的な勘定です。「モノ」にかかった費用だけでなく,人件費や経費などもすべて仕掛品勘定に集計されますから,「モノ」という意識は捨ててしまいましょう。