買掛金の発生と決済の仕訳

2019-08-15債権債務, Ladder2

商品を継続的に購入している相手先企業(仕入先)から掛け取引を認められた場合,仕入れた商品の代金はその仕入時ではなく,後日,まとめて支払うことになります。この記事では,掛け取引において買手側企業が行う仕訳について学習していきます。

なお,掛け取引および売手側企業が行う仕訳については,別記事【売掛金の発生と回収の仕訳】の方を参照してください。

掛け取引における取引の流れ

商品の注文〜検収

まず,商品の仕入先に対して,欲しい商品を注文します。注文した商品が届いたら,注文通りの商品が届いているか,送られてきた商品に問題(傷や破損)がないかを確認します。この届いた商品を確認する作業のことを検収(けんしゅう)といいます。仕入先が商品の問題に対応してくれることには期限が決まっていますので,商品が届き次第,すみやかに検収を行うことが大事です。

代金の支払い

掛取引の場合,仕入先は,一定期間ごとに販売した商品代金をまとめて請求してきます。請求書を受け取ったら,その請求書に記載されている金額や商品の明細を確認して,その内容に間違いがなければ,指定口座に代金を振り込みます。万が一,請求内容に間違いがある場合は,振り込みをする前に相手に問い合わせをして,正しい金額を確認する必要があります。

買掛金の仕訳

掛け取引を行った場合は,商品を受け取ったときと,代金を支払ったときの2回に分けて仕訳を行います。

商品を受け取ったとき

通常,商品を仕入れて,代金を現金で支払ったときは,次のように仕訳を行います。

借 方 貸 方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
仕入 30,000 現金 30,000

掛け取引の場合は,商品を仕入れたときに代金を支払うことはありませんので,貸方の現金勘定を変える必要があります。

今回のように掛けで商品を仕入れた場合は,現金勘定を買掛金(かいかけきん)勘定に取り替えます。買掛金勘定は,将来に支払う予定の購入代金を記録しておく勘定です。

借 方 貸 方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
仕入 30,000 買掛金 30,000

代金を支払ったとき

通常,普通預金口座から現金を引き出したときは,次のように仕訳を行います。

借 方 貸 方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
現金 30,000 普通預金 30,000

しかし,今回は現金を引き出していないので,借方の現金を変える必要があります。

今回は,買掛金(まだ支払っていない代金)を支払ったので,借方は買掛金勘定に取り替えて,次のように仕訳します。

借 方 貸 方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
買掛金 30,000 普通預金 30,000

なお,商品を仕入れた代金だからといって,借方を売上勘定にしないように注意しましょう。仕入勘定の記録は,商品を仕入れたときにすでに終わっています。代金を回収したときにも仕入勘定を使ってしまうと,1回しか商品を仕入れていないのに,記録が2個あるというおかしなことになってしまいます。

ちなみに,銀行を振り込みをしたときは,通常,手数料が発生します。このときには,上の代金を支払ったときの仕訳に加えて,次のように支払手数料勘定を使って仕訳を行いましょう。

借 方 貸 方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
支払手数料 300 普通預金 300

まとめ

  1. 商品を継続して仕入れている相手企業のことを仕入先という。
  2. 仕入先から商品を掛け取引で仕入れている場合,後日まとめて支払う予定の代金のことを買掛金という。
  3. 買掛金勘定の記録は,次のように行う。
    1. 商品を仕入れたとき → 貸方
    2. 代金を支払ったとき → 借方
  4. 代金を振り込むときに手数料を支払った場合は,その金額を支払手数料勘定に記録する。