貸借対照表とその構成要素―資産・負債・純資産

財務諸表, Ladder2

企業は,日々の活動のなかで行われた記録を一定期間ごとに集計し,財務諸表(ざいむしょひょう)とよばれる集計表を作成します。財務諸表にはいくつかの種類のものがありますが,この記事では,貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)についてとりあげます。

貸借対照表は,ある時点における企業の財産の状況(財政状態)をまとめた表のことをいいます。貸借対照表をみれば,企業には現金や商品がどれだけあるか,返さなければならない借入金はどれだけあるかといったことがわかります。

貸借対照表は,バランスシート(Balance Sheet)B/S(びーえす)とよばれることもあります。また,国際財務報告基準(IFRS)を導入している企業では,貸借対照表という名前に代えて,財政状態計算書といった名称が使われることもあります。

貸借対照表の構造

貸借対照表は,次のような構造になっています。

貸 借 対 照 表
資 産 負 債
純資産

以下,貸借対照表を構成する資産,負債および純資産の3つについて簡潔に説明しましょう。

借方の構成要素

貸借対照表の借方(左側)には,資産の状況が表示されます。

資産

資産(しさん)は,将来,企業に対して経済的な利益をもたらすもののことをいいます。これを少し難しい言葉で将来の経済的便益(べんえき)といいます。

ここで経済的な利益とは,次の3つのものを指します。

  1. 現金・預金
  2. 将来,企業に対してお金をもたらすもの(商品,売掛金,貸付金など)
  3. 自分で自由に使えるもの=使用するためにお金を使わなくてよいもの(建物,備品,特許権など)

3.は,少しわかりにくいかもしれないので,具体例を出しておきましょう。たとえば,あなたはお客さんに対して自分が仕入れた商品を販売している小売業者だとしましょう。商品を売るためにはお店が必要です。もし,お店を持っていない場合は,お金(家賃)を支払ってお店として使える建物を借りてこなければなりません。しかし,すでにお店を持っているならお金を支払う必要はありません。自分で自分に家賃を支払うのはおかしいですよね。

貸借対照表の借方には,これらの資産がそれぞれいくらあるか(残高)が勘定科目ごとに列挙されていきます。

貸方の構成要素

貸借対照表の貸方(右側)には,負債と純資産の2つの状況が表示されます。

負債

負債(ふさい)は,将来,企業が何らかの形で弁済をしなければならない義務のことをいいます。

ここで,将来弁済しなければならない義務とは,次の2つのものを指します。

  1. 将来,企業がお金を支払わなければならないもの(買掛金,借入金,預り金など)
  2. 将来,企業が商品やサービスを提供しなければならないもの(前受金,履行義務など)

2.については,商品を仕入れてくるにもお金が必要ですし(購入代金等),従業員にサービスをさせるにもお金(人件費)が必要ですから,究極的には1.のお金の問題にまとめてしまうこともできます。ただ,今回は直感的なわかりやすさを重視して,上の2つに分類してみました。

負債を弁済するときは,資産(お金,商品など)が減ってしまいます。貸借対照表の借方にどれだけ資産が並んでいても,負債の総額に相当する金額部分については,将来,企業のものでなくなってしまう可能性があるというわけです。

純資産

純資産(じゅんしさん)とは,資産の金額から負債の金額を差し引いた残りの金額です。負債が将来に弁済しなければならない金額ですから,純資産は将来に弁済する必要がない金額を意味することになります。

純資産には,具体的には次のような項目が列挙されます。

  1. 企業の所有者(オーナー)が拠出した元手(個人事業の場合=元入金,会社の場合=資本金)
  2. 企業がその活動を通じて稼いだお金(利益)

簡単にいえば,自分で出したお金と自分で稼いだお金です。借入金などと違って,他の誰にも弁済する必要はありません。借方の資産のうち,純資産の総額に相当する金額部分については,企業が何の制約もなく自由に使える財産であるといってしまってよいでしょう。

貸借対照表等式

貸借対照表の借方の合計額と貸方の合計額は必ず一致します。これを計算式の形で表したものが貸借対照表等式です。貸借対照表等式は,具体的には次のように表されます。

資産=負債+純資産

次の貸借対照表を見てください。これを使って貸借対照表等式が成り立つことを確認してみましょう。

貸 借 対 照 表
現金 50,000 買掛金 100,000
売掛金 400,000 未払金 50,000
商品 100,000 借入金 500,000
備品 600,000 資本金 300,000
車両運搬具 400,000 繰越利益剰余金 600,000

借方の資産(緑の部分)は合計155万円,貸方の負債(薄紫の部分)は合計65万円,純資産は合計90万円(濃い紫の部分)です。

資産155万円=負債65万円+純資産90万円

まとめ

  1. 貸借対照表(バランスシート,B/S,財政状態計算書)は,ある時点における企業の財産の状況(財政状態)をまとめた表
  2. 貸借対照表の借方には資産が計上される。
    1. 資 産 → 将来に経済的な価値(経済的便益)を企業にもたらすもの
  3. 貸借対照表の貸方には負債が計上される。
    1. 負 債 → 将来に何らかの形で弁済が必要になるもの
    2. 純資産 → 資産から負債を差し引いた金額(将来の弁済が必要ないもの)
  4. 貸借対照表等式 → 資産=負債+純資産