勘定記入の法則―借方・貸方を決定するルール

Ladder3

簿記では,仕訳を行うときに,どの勘定を借方に記録するか,どの勘定を貸方に記録するかがすべて決められています。企業が保有する財産にはさまざまなものがあり,それらを増減させた理由にもさまざまなものがあります。

このため,これらを記録するために使われる勘定科目もさまざまです。しかし,仕訳を行うにあたって,「この勘定ではこういうときに借方だ」,「この勘定ではこういうときに貸方だ」といったことを,すべての勘定について個別に覚えていなければならないとしたら非常に大変です。

勘定記入の法則(かんじょうきにゅうのほうそく)は,このような「どのようなときにどちら側に記録するか」をまとめたものです。これを頭に入れておくことで,「このようなときはこちら側に記録するんだろうな」といった一種の勘(かん)を働かせることができ,学習のスピードアップを図ることができます。

財務諸表上の位置とあわせる

仕訳を行うときに,借方に記録するか貸方に記録するかは,原則として,貸借対照表・損益計算書上で,借方に計上されるか貸方に計上されるかによって決まります。

  1. 金額が増加・発生したとき → 貸借対照表・損益計算書に計上されるのと同じ側に記録
  2. 金額が減少・取り消ししたとき → 貸借対照表・損益計算書に計上されるのと反対側に記録

貸借対照表に計上される勘定

貸借対照表は,資産・負債・純資産の3つの要素によって構成されます(詳細は,別記事【貸借対照表とその構成要素―資産・負債・純資産】を参照してください)。

貸 借 対 照 表
資 産 負 債
純資産

資産の勘定

資産は,貸借対照表上,借方に計上されます。したがって,現金,商品,建物などの資産の勘定は,仕訳の際に,次のように記録します。

  1. 金額が増加・発生したとき → 借方に記録
  2. 金額が減少・取り消ししたとき → 貸方に記録

負債・純資産の勘定

負債および純資産は,貸借対照表上,貸方に計上されます。したがって,借入金,買掛金などの負債の勘定,そして,資本金,繰越利益剰余金などの純資産の勘定は,仕訳の際に,次のように記録します。

  1. 金額が増加・発生したとき → 貸方に記録
  2. 金額が減少・取り消ししたとき → 借方に記録

損益計算書に計上される勘定

損益計算書は,収益・費用の2つの要素によって構成されます(詳細は,別記事【損益計算書とその構成要素―収益・費用】を参照してください)。

損 益 計 算 書
費 用 収 益
 

費用の勘定

費用は,損益計算書上,借方に計上されます。したがって,売上原価,給料,支払家賃などの費用の勘定は,仕訳の際に,次のように記録します。

  1. 金額が増加・発生したとき → 借方に記録
  2. 金額が減少・取り消ししたとき → 貸方に記録

収益の勘定

収益は,損益計算書上,貸方に計上されます。したがって,売上,受取手数料,受取利息などの収益の勘定は,仕訳の際に,次のように記録します。

  1. 金額が増加・発生したとき → 貸方に記録
  2. 金額が減少・取り消ししたとき → 借方に記録

まとめ

仕訳の記録は,総勘定元帳に転記され,最終的に財務諸表に計上されることになります。仕訳の記録をはじめから財務諸表に計上されるのと同じ場所に行っておけば,余計な手間をかけることなく財務諸表を作成することができるのです。

  1. 借方に増加,貸方に減少を記録するもの → 資産・費用の勘定
  2. 借方に減少,貸方に増加を記録するもの → 負債・純資産・収益の勘定