商業簿記決算手続, その他の資産, 費用, Ladder3

簿記では,お金やものを使ったときに費用を計上するのが原則です。しかし,費用の勘定を使って仕訳されるもののなかには,実際に使用する前から費用に計上してしまうものもあります(別記事【さまざまな経費ー所得税の青色申告書を例として】参照)。 まだ使っていないものまで費用に計上してしまうと,使ったときに費用に ...

商業簿記決算手続, 有形固定資産

定率法は,有形固定資産の帳簿価額(取得原価−減価償却費の累計額)に一定割合を掛けた金額を減価償却費とする方法のことをいいます。 「法人税法」上,定率法は,1998年3月31日以前に取得した建物,2016年3月31日以前に取得した建物附属設備および構築物,そして,建物,建物附属設備,構築物以外の有形固 ...

商業簿記決算手続, 有形固定資産

企業会計では,有形固定資産の減価償却について,原則として,企業独自の償却方法,耐用年数,残存価額等を使用することが認められています。しかし,「法人税法」では,減価償却にあたって使用できる償却方法,耐用年数,残存価額等に制限をかけています。これは,企業に対して自由な会計処理を認めすぎると,利益操作,ひ ...

2019-05-18

商業簿記決算手続, 有形固定資産

はじめに 簿記では,利益を収益から費用を差し引いて計算します。ここで計算に使う費用の金額は,収益を稼ぐために必要となったすべての金額でなければなりません。利益を実際よりも大きく見せるために,一部を費用から除くようなことは認められません(粉飾計算)。 商品や消耗品のように,どれだけ使ったかが目に見えて ...

2019-05-13

商業簿記決算手続, 債権債務, 外貨

はじめに ドル,ユーロなどの外国通貨(外貨)で代金がやりとりされる取引(外貨建取引)を行っている場合は,その取引金額は外国通貨建で計算されることになります。しかし,この貸借対照表・損益計算書などの財務諸表では,このような外貨建取引から発生した金銭債権(売掛金・買掛金)を,原則として,期末の直物為替レ ...

2019-05-11

会計の考え方決算手続, 商品

はじめに 「5リットルの容器と3リットルの容器を使って4リットルを測ってください」というパズルがあります。2つの容器の間で水を移し替えながら4リットルを測っていくのですが,皆さんはこのパズルを解けますでしょうか?(答えはこの記事の一番最後で) この「移し替える」という作業は簿記でもよく出てきます。あ ...

2019-04-22

商業簿記決算手続, 債権債務

貸倒引当金は,将来に貸倒れが起こったときに発生する損失をあらかじめ見積もることによって設定されます。見積もりですから,実際にその金額が貸し倒れになるかどうかは誰にもわかりません(普通ははずれます)。このため,企業は,会計期間ごとに最新の状況に基づいて見積もりをやり直し,その金額をアップデートします。 ...

2019-04-10

商業簿記決算手続, 連結会計

企業の活動規模が大きくなり,子会社を保有するようになると,企業グループ全体の状況を把握するために連結会計というものが行われるようになります。連結会計は一見複雑なように思われることが多いのですが,基本的には,簿記の初期段階で学習する小口現金の考え方を延長したものでしかありません。今回は,そのお話をして ...

2019-03-03

会計の考え方決算手続, 有形固定資産

近年の日商簿記検定では,定率法における償却率を受験生自身に計算させる問題が出題されていますが,このような出題には疑問があります。現在使われている250%定率法,200%定率法による償却率には理論的な根拠がありませんし,実務上は「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」で列挙されている償却率をそのまま使 ...

2019-02-28

商業簿記決算手続, 財務諸表, 純資産

損益計算書と貸借対照表は,比較的小規模の企業でも(個人事業でも)作成されるような基本的な財務諸表です。この2つの財務諸表は,まったく別々のものではなく,相互に関連しています。 すべての基本は残高試算表 期中の取引を通じて行われた記録は,試算表の形に集計されます。試算表には3つの種類がありますが(合計 ...