商業簿記債権債務, Ladder1

企業が活動するうえでの元手となるお金は,企業の所有者(オーナー)が拠出することが基本となります。しかし,それだけでは足りない場合は,そのお金を金融機関などから借り入れることになります。 世の中には「借金=悪」と考えている人がいるのですが,お金を借り入れること自体が悪いわけではありません。お金を借りら ...

商業簿記Ladder1, 費用

企業は,その活動のなかでさまざまな経費を支出します。経費の定義にはさまざまなものがありますが,ここでは,企業活動のなかで経常的に発生する費用のうち,販売した商品の取得原価(売上原価)以外のものをものを経費ということにします。 簿記では,経費をそのそれぞれの性質に見合った勘定科目によって記録していきま ...

2019-08-14

商業簿記Ladder1

勘定ごとにどれだけの金額が記録されているかを知るためには,総勘定元帳に転記された勘定科目ごとの金額を集計してあげる必要があります。 この金額の集計方法には,合計と残高の2つのものがあります。この記事では,この2つの集計方法について学習していきましょう。 なお,今回の記事は,総勘定元帳への転記がしっか ...

2019-08-12

商業簿記Ladder1

企業は,財産が増えたり減ったりしたときに,その内容を仕訳の形で記録します。今回のタイトルにある「総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)への転記(てんき)」とは,この仕訳の次に行われる作業のことをいいます。 総勘定元帳への転記とは,端的にいえば,仕訳によって記録された財産の動き(増加・減少)やその発生 ...

2019-08-12

商業簿記有形固定資産, Ladder1, 費用

企業は,その活動のなかでさまざまなものを購入します。販売目的で購入するものを商品といいますが,企業が購入するものはそれだけではありません。この記事では,お客さんに販売するのではなく,企業自身が使用する目的で購入するものについてとりあげていきます。 このような使用目的で購入する資産は,その性質や使用目 ...

2019-08-11

商業簿記商品, Ladder1

卸売業や小売業では,どこか他のところから取得した商品を販売することによって利益をあげています。 このような業態をとる企業では,利益が商品を取得したときに支払った価格とその商品を販売したときの価格の差額として計算されます。この計算を可能にするためには,(1)商品を取得したときに支払った価格と(2)商品 ...

2019-08-11

商業簿記Ladder1

企業では,その財産の動きを複式簿記という方法を使って記録していきます。 複式簿記では,企業の財産が増えたり減ったりしたときに,(1)その財産の動きと,(2)その財産の動きをもたらした理由とをセットで記録していきます。これは,財産がいくらあるかだけでなく,どのような理由によって財産が増減したかを後から ...