商業簿記現金預金, 手形小切手, Ladder2

商品を販売したときや売掛金を回収するときに,相手企業から小切手(こぎって)を受け取ることがあります。 小切手は,銀行などの金融機関に持ち込むことで換金することができます。このような金融機関に持ち込むと換金できるものを通貨代用証券(つうかだいようしょうけん)といいます。この記事では,小切手を受け取った ...

2019-06-21

商業簿記手形小切手

企業が当座預金口座を開設すると手形による支払いを行うことができるようになります。手形には約束手形と為替手形の2つがあり,この2つは「誰が支払うか」の部分に違いがあります。手形を振り出した企業自身が支払いを行うときには約束手形, 他の企業等に支払いを任せたいときは為替手形を使用します。この記事では,後 ...

2019-06-12

商業簿記手形小切手, Ladder2

当座預金口座を開設すると小切手を振り出すことができるようになります。 小切手(こぎって)は,取引銀行に対して自分が預けているお金のなかから支払いを行うように依頼するときに使います。小切手を自分で持っていった場合は,預金を引き出したときと同じように自分でお金を受け取れます。ただ,小切手の場合は,これを ...

2019-02-11

商業簿記手形小切手

約束手形は,お金の貸し借りも使用できます。約束手形は,将来の一定の日(支払期日)に,一定の金額を支払うことを約束するものですから,お金を借りる側が,お金を返す約束をするときにも使用できるのです。約束手形を使用する場合は,通常のお金の貸し借りの場合と,利息の取り扱いが変わってきます。 本日の仕訳 1. ...

2019-02-10

商業簿記手形小切手

商品を売り上げた際に,その代金として約束手形を受け取ったとき,実際にそのお金を受け取ることができるのは,約束手形を受け取ってから数ヶ月先のことになります。しかし,経営状況が急激に悪化したなどの理由によって,すぐにでもお金がほしいときには,この数ヶ月という期間が待てないこともあります。このようなときに ...

2019-02-09

商業簿記手形小切手

商品やサービスを販売するにあたって,取引先に対して,代金の後払いを認めたときは,「本当にお金を払ってもらえるのだろうか」,「代金を払わずに逃げられてしまわないだろうか」と少し不安な気分になります。このような不安な気持ちを少しでも和らげるために,企業は,その取引先に対して約束手形の振り出しを求めること ...

2019-01-31

商業簿記手形小切手

当座預金の場合,お金を預け入れる企業側と,そのお金を管理する金融機関側の2人の登場人物を考えなければなりません。企業も金融機関も,それぞれ独立して活動しているので,2人の認識がズレてしまうことがあります。このような認識のズレから生じる当座預金の差異には,時間外預入と連絡未通知の2つがあります。 時間 ...

2019-01-30

商業簿記手形小切手

当座預金の銀行残高と勘定残高は,さまざまな理由によってズレてしまいます。この記事では,このようなズレのうち,企業が振り出した小切手に関して生じる,未渡小切手と未取付小切手の2つについてお話します。これらはどちらも,当座預金の銀行残高の方が勘定残高よりも大きくなります。 銀行残高と勘定残高との間にズレ ...